貨物利用運送事業者にとって都市工学という社会科学の知識は必要不可欠

一般社団法人にとって都市工学

一般社団法人は荷主との運送契約をしながらも、自らは運送行為は行わずに、自動車や鉄道、航空機や船舶などの運送事業者の運送手段を利用して、荷物の運送を行う利用運送をすることができます。従って自らは、輸送手段となる自動車や鉄道や航空機、船舶などは保有しません。また、一般社団法人の事業者は、「実運送」(貨物自動車運送事業者が行う運送)を補完するだけではなく、物流に対する荷主の様々なニーズ、つまり荷物の運送状況を顧客に提供したり、期日を指定し荷物を届けるなどのソフト面でのサービス実現を実運送事業者に求めてゆくという役割も担います。

%e9%83%bd%e5%b8%82%e5%b7%a5%e5%ad%a6

さてここで、一般社団法人と社会科学との関連を見てみますと、社会科学には都市工学という自然科学に隣接する分野の工学も含まれるとされておりまが、都市工学にはインフラストラクチャー、つまり道路や鉄道、空港や港湾等の計画からはじまり、公共機関などによる設計、建設会社への発注行為による建設、そして運営まで幅広く包括し、中央政府や地方自治体がその活動に参加し、物流の利便性を高め、産業の発展に貢献していくという広範囲なものです。ということは一般社団法人にとっては、生命線とも言える欠くことのできないインフラストラクチャー、道路や鉄道、空港や港湾に入っていくのが一般社団法人ですから、その建設時期や規模なども民間事業者や国や自治体に対して、その利便性向上についての提言を行っていく立場にあると言えるでしょう。一般社団法人にとって都市工学という社会科学の知識は必要不可欠となるのでしょうね。