社会科学基金プロジェクトの一般社団法人

社会科学は、自然と対比された社会についての知識とされていますが、その範疇には、政治学や経営学、経済学など含まれています。

一般社団法人基金プロジェクト

一般社団法人は、ある企業が新事業開発や新規市場への参入、グループの統合など再編、他の企業の買収などを行う行為を指しますが、当然そこでは、経営学の専門家たちによる企業分析が行われるわけで、社会科学の存在が深く認識されることになります。もちろん経済学的な観点から、マクロ経済学やミクロ経済学といった様々な分析もなされることでしょう。企業は経営者のためだけにあるのではなく、そこで働く人々の生活を成り立たせ、働くことによる幸福を実現するためにあるとも言えるわけですから、経営の専門家たる経営者の役割は社員の生活を守る上で大変大きいと言えるでしょう。

%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%af%e3%83%88

一般社団法人はそのような中で、より企業がその社会的な役割を果たせるように、規模を拡大したり、事業を広く展開したりするために非常に重要な活動のひとつと言えるでしょう。最近では大企業、中小企業の分け隔てなく海外への展開が当たり前になされるわけですから、海外企業との一般社団法人も頻繁に行われることでしょう。そこでも社会科学の中にある国際学が必要になるわけで、企業の発展には社会科学の理解を深めることが当然に求められるわけです。

一般社団法人の対象となる海外企業が営業を営む国の民族性や文化を理解せずに買収行為など行うわけにはいきませんから、社会科学の中で国際学だけでなく、歴史学や地理学の専門家たちの意見や、分析がやはりそこで大変重要になるわけです。