一般社団法人国立社会科学企画室の設立

社会科学と一般財団法人設立にはどのような関係があるのでしょうか。一般財団法人設立には、2008年に制定された、一般社団・財団法人法に基づいてなされます。

一般社団・財団法人法

一般社団・財団法人法には、その組織や、運営または管理について定められています。2008年の同法制定前には、社団法人や財団法人の設立には、主務官庁によるその事業の公益性の有無の判断を経て、許認可を得る、つまり許認可主義が取られていましたが、この社団・財団により事業の公益性の有無にかかわらず、法の求める要件が整っていれば、容易に一般財団法人を設立することが可能になったわけです。

そこで一般社団法人にとって、社会科学がどのように関わるかですが、社会科学の分野には地域研究や、統計学、都市工学なども含まれ、例えば地域研究は、自社を設立しようとする地域の文化や特性を理解するために有効とされていますし、統計学は、例えば小売業を営む会社を設立しようとする場合には、その会社を取り巻く商圏、つまり性別や年齢層、所得程度等の判断に有効で、小売業の事業規模を決定することに影響します。

%e5%9b%bd%e7%ab%8b

また、都市工学は多少専門的になりますが、鉄道インフラや道路インフラ、高速道路の場合にはインターチェンジとの距離、また渋滞の頻発性予測や休日、平日の別や、天候による実際の必要時間の予測を行うことで、物流や移動経路の判断や分析に有効とされているようです。

このように一般財団法人設立の際には、社会科学の各分野が密接に関わり、いろんな場面で役に立つ様が見て取れます。