一般社団法人を設立するには社会科学の統計学や都市工学、経済学が活躍

社団法人とは「一般社団法人」が正式名称のようです。軽貨物車両、つまり公益社団法人やバイク等を使って、荷主から当該車両に搭載できる程度の大きさの荷物を預かり、対価を得て客先に届けることを事業をすることができます。よく道路渋滞の中で見かけるのは比較的大型のトラックが目立ちますが、公益社団法人もよく見かけます。その名の通り公益社団法人ですからスイスイと走れそうですが、なかなかそうでもないようです。その点バイクは車の間をすり抜けるようにして走行しますので、単位時間当たりに運べる荷物は多いのかなと感じます。

一般社団法人に適した需要の統計学や都市工学

さて実際に一般社団法人を営むためには、まずその、公益社団法人やバイク等で活動しようとする地域に一般社団法人に適した需要がどの程度あるか、また移動経路は確保されているか、顧客から委ねられた荷物を輸送するための時間は、顧客の要求を満たすことができるかなどをあらかじめ分析しておく必要があります。つまり一般社団法人を設立する際には、社会科学の中の、統計学や都市工学、経済学などが活躍することになるのでしょう。都市工学は道路や鉄道、航空、船舶などのインフラストラクチャーの構築技術を含みます。

%e7%b5%b1%e8%a8%88

公益社団法人には、バイクや鉄道、航空、船舶などは縁遠いかと感じますが、道路は密接に関わります。高速道路や一般道路の休日や平日の別、天候等の影響を考慮した渋滞等を加味して運送計画を立てる必要がありそうですね。都市インフラにはいわゆるコンクリートで出来たものだけではなく、カーナビゲーションやETCシステムなども積極的に活用していくことになるのでしょうね。